第155期 株主配当金【川崎汽船】中間:300円/株

haitokin 配当金
ウモリ<br>ユキミ
ウモリ
ユキミ

このページは私が株式を保有している企業からもらった配当金の記録です。
今回は、日本の海運業の3本柱のひとつ「川崎汽船」からの配当金です。

2022年10月1日付けで株式分割しました。

株式分割【川崎汽船】株式増加/2022.10.1

川崎汽船

証券コード番号:9107

第155期

2022年4月1日から2023年3月31日まで

1株当たり300

支払確定日:2022年12月5日

保有数(2022年12月16日現在):400株
前期中間配当時保有数:0株
保有差:+400株

株価(2022年12月16日現在):2,700円

ウモリ<br>ユキミ
ウモリ
ユキミ

【今期の注目ポイント】

  • 連結売上高中間:前期比
  • 連結営業利益(中間):前期比
  • 連結経常利益(中間):前期比
  • 親会社株主に帰属する当期(四半期)純利益:前期比

【事業別の業績】

  • ドライバルクセグメント:前年同期比増益
    バラ積み船事業。鉄鉱石、石炭、穀物などさまざまな資源を梱包せず大量にそのまま輸送する。
  • エネルギー資源セグメント:前年同期比増益
    LNG(液化天然ガス)、電力炭、原油、LPG(液化石油ガス)の各エネルギー資源の海上輸送を担う事業と石油や天然ガスを探鉱、開発、生産する際に物資の輸送や掘削、生産そのものを支援する海洋事業から構成されている。
  • 製品物流セグメント:前年同期比増益
    乗用車やトラック、建設機械等を輸送する自動車船事業、航空輸送、内陸運送、倉庫業、ターミナル等の物流事業、近海・内航事業、及びコンテナ船事業統合会社ONE社を通じ、多種多様な貨物を世界中に展開する航路網により輸送するコンテナ船事業から構成されている。

【トピックス】

  • 「Emirates Global Alumium社」及び「JSW STEEL社」と脱炭素化に向けた共同研究を開始
    変化する顧客ニーズにも的確かつ柔軟に対応するべく、グループ全体で海上輸送に関わる低炭素・脱炭素化を通じて、パートナーシップを一層深化させ、力を合わせて地球環境と社会へ貢献していく。
  • LNG燃料焚き自動車運搬船「CENTURY HIGHWAY GREEN」が「シップ・オブ・ザ・イヤー2021」の大型貨物船部門賞を受賞
    拡大する環境対応を含めた顧客ニーズに柔軟かつ積極的に対応するとともに、事業活動を通じて環境保全を図りつつ、経済・社会の持続的な発展に貢献し、企業価値の向上に努めていく。
  • カタール国営エネルギー会社「Qatar Energy」向けLNG船合計12隻の長期定期傭船契約を締結(傭船契約とは船舶又は航空機の全部又は一部を貸し切り、これを積載した物品等を輸送することを約する契約のこと)
    長期契約による安定収益事業を強化するとともに、拡大する低炭素エネルギー需要に対応し、変化する顧客と社会のニーズに的確に応えた成長戦略に取り組んでいく。

Share this content:

コメント

タイトルとURLをコピーしました